胃弱だより

セキュリティとかに興味ある感じの雰囲気あいおーてーエンジニアのブログ

情報系を勉強する女子大生 Advent Calendar 2017

最近、Qiitaがどうあるべきかが議題に上がっている。
Qiitaにはコミュニティガイドライン - Qiita:Support というものがあって、そのなかで

Qiitaは「プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービス」です。プログラマーが興味を持つものではなく、プログラミングに関する記事を投稿しましょう。

(中略)

 >例えば「厳密にプログラミングとは言えない記事」「プログラマーのライフスタイルに関する記事」など判断に迷う場合は、「技術的な内容が主目的かどうか」を基準として考えています。

 

とはっきり明言されている。過去にもアドベントカレンダーでポエムのカレンダーが削除された実績から、

Qiitaの運営がポエム記事を推奨していないことが分かる。

そこで自分の過去の投稿を見たところ、一切技術的な内容のないポエム記事を投稿してしまっていたことがあった。
ので、該当する記事はブログに移行し、アドベントカレンダーのリンクも今回はこっちを貼っておくことにします。
ということで、以下該当記事


==================================================


 これは情報系を勉強する女子大生 Advent Calendar 2017 - Qiitaの24日目の記事です。

 以前は文系エンジニアは珍しくありませんでしたが、文系を中心に採用していた企業でも昨今は理系採用に力を入れ始めているように感じます。もし文系で採用されても開発職に就けるかは分かりません。
 私自身、文系ということで苦労しました。その経験がエンジニア(特に開発職)になりたいと考えている文系学生の助けになればと思いこの記事を書きました。


#お前だれよ


 2年間アルバイト(7.5h*週3)で働いたIT企業で内定を貰ったしがない(Fラン)文系学生です。今もバイト続けてます。最近はロボット(ラズパイで制御)にAWS Rekognitionを使った顔解析機能を実装したりしました。

 

# 文系で苦労したこと


- 数学がマジでわかんない
線形代数微分積分?ベクトル????やったっけ???って感じでした。というか、それどころか普通の算数ですら怪しいです

- インターンに応募しても中々受からない
- みんなが何話してるのかわかんない
→殺す?死んだ?何の話? サーバ?プロキシ?なにそれ?

 

# そんで就活って何をしたらいいの?


以下おすすめの行動です

  • インターンやアルバイトに参加する(出来るだけ長期のもの)
  • とりあえず何かを作る
  • 勉強会やコミュニティに参加する
  • スカウト型の就活サイトに登録する(私は就職課の勧めでOfferBoxを使っていました)
  • Qiita記事を読む
  • Twitterをやる(楽しい)

## インターンやアルバイトに参加する(出来るだけ長期のもの)

 正直、文系学生にはハードルが高いかもしれません。
私の場合は就職課に開発補助のアルバイトを紹介して貰いました。個人で応募したインターンは断られてしまったので、まずは就職課に相談すると良いと思います。就職課が紹介してくれる所は大抵採用実績のある企業なので、個人で申し込むよりも合格率は高いと思います!

 それから、こういうのは出来るだけ長期のものが良いと思います。
 恐らく文系学生にいきなり開発をさせてくれる所はないんじゃないでしょうか(あるかも)。まずはテスターやマニュアル作成などからだと思います。勿論これらは文系学生にとって凄く学びのある仕事です。これらからは設計やユーザビリティなどの大事なことを学べます。
 ですが、開発がしたい学生はここからじわじわと開発サイドの仕事を勝ち取らねばなりません。通常業務をこなしながらも、積極的に手をあげ、やりたいアピールを常にし、CSSを少し修正するだけ、同じ機能を増築するだけなどの簡単なコーディング作業をこなしてじわじわと侵食していきましょう!(もしそれが出来る自信がない事だとしても「出来る自信はないけどやってみたいです」と素直に言ってみましょう。もしかしたら、とりあえずやらせてもらえるかもしれません!)
 恐らくそれは長期戦になるので、出来るだけ長い期間留まれるのが望ましいです。

 

### インターンやアルバイトを始めたら


 恐らく大学の授業とインターン・アルバイトの内容との乖離に混乱するでしょう。また、勉強時間が中々確保できず、カツカツになると思います。私も週3でIT企業でアルバイト、週2で1限~7限の授業、土曜日(課題をやりつつ)休んで日曜日はアパレル店員のアルバイトをやって、死にかけた事があります(比喩)。時間が無くなると、何を優先して、何を捨てるのか常に選択しなければならなくなります。スケジュール管理は勇気を持ってやりましょう。楽観的に組んだガバガバなスケジュールは、結局周りの人に迷惑をかけてしまいます(実体験)。

 

## とりあえず何かを作る


 文系がアピールするとすれば「やる気」だと思います(技術では専門で研究している学生に勝てないので)。しかし、当然ながら就活ではみんながやる気をアピールするでしょう。
 なので、やる気を証明する為にも何かひとつでもいいのでモノを作るといいと思います。
 モノが作れなくても、私の場合はアルバイトの面接でコードを写経したものを印刷して提出しました。今でもその時の面接官に笑い話にされますが(GitHubとか使えばよかった…)、何もしないよりかはダサくてもやる気は見てもらえると思います!

 

## 勉強会やコミュニティに参加する


 「初心者向け」と書かれている勉強会やコミュニティに参加してみましょう。暖かく迎え入れてもらえます。PCとテザリングもしくはポケットWiFiを忘れずに!
 勉強会には大きくわけてハンズオンとLTがあります。ハンズオンは実際にモノを作ってみる参加型の勉強会で、LTは発表者によるスライドを使ったプレゼンテーションの聴講です。
 それ以外にも相談会を開いているコミュニティもあります。どのように勉強すればよいかなどを教えてもらえるので、機会があれば是非参加してみてはいかがでしょうか。
 私はよくconnpass - エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォームで勉強会やコミュニティのイベントなどを探しています。

 

## スカウト型の就活サイトに登録する


 私は口下手でコミュ障なので、先にプロフィールを見てからスカウトしてもらえるこのタイプの就活サイトには凄くお世話になりました。履歴書だけで伝えきれないアピールポイントなども伝えられて、ほかの就活生よりも有利に面接できるんじゃないでしょうか。

 

## Qiita記事を読む


 文系にとってエンジニアの仕事は未知の世界だと思います。専門的な話が分からなくてもポエムなど読み物としても面白いものがたくさんあります。それらを通して雰囲気を掴むのも大事かなと思います。また、この記事のタグにもついている「新人プログラマ応援」を辿ると為になる記事が沢山出てくると思います(恐らく本記事よりももっと役に立つ記事が…)
以下、おすすめの記事です

qiita.com

qiita.com

qiita.com

 

↓これを初めて読んだときは全く内容が理解出来なかったのですが、かっけー!と感動してモチベが上がったので載せました。[増田のこの記事](https://anond.hatelabo.jp/20120904230532)を書いた方らしいです。増田の記事のほうもかっこいいです。こういう難しいけどモチベが上がる記事を一つ見つけて、それを理解できるようになることを目標にするのもアリだと思います。

qiita.com

 

## Twitterをやる(楽しい)


 ほんと単純に楽しいです。テクノロジーを楽しんでる人をフォローすると楽しくお勉強できます。

 

# 最後に


 幸いにも、この業界で女子だからと苦労した事はあまりないです。女子が少ない事で寂しかった事はありますが、最近は女子限定の勉強会なども盛り上がっていて、それも解消されつつあります。男女平等に仕事をくれる職場に恵まれた為、開発の仕事も自由に思う存分にやらせてもらっています。
 ただ、ここに来るまではいろんな人に「無理だ」と沢山言われました。昔、ある人に「〇〇大学の、しかも女の子を雇ってくれる会社なんかあるの」と嗤われた事があります。
 もしこんな事を言われた人が他にもいたら、そんなクソッタレな呪詛は今すぐ記憶から消去してください。メモリの無駄です。
 あなたはどこにでも行けて、何にでもなれます。宇宙人や魔法少女にはなれないかもしれませんが、少なくともエンジニアにはなれます。あなたに「無理だ」と言う人がいたとしても、その人は無責任にも「明日の天気は雨だ」くらいのノリで言ってるだけなので、耳を貸してはいけません。
 「あなたが雨だというから出かけるのをやめにしたのに!」と怒ったとしても、その人は責任をとってくれるどころか、言ったことすら忘れています。自分の人生の責任をとれるのは、自分だけです。自分を信じましょう!(これはマジ)

 

 これからも…自分にたくさんいいよって言ってあげてね たとえ失敗してもきっと笑えるから大丈夫 僕がそうだったみたいに

アヤメくんののんびり肉食日誌(6)」- 奈良アキラ